【結婚式】みんなのマナーは大丈夫?ご祝儀の相場って?

  • 投稿日: 2015年01月11日

【結婚式】みんなは大丈夫?ご祝儀の相場や入れ方のマナー講座。

20歳を超えると増えてくる結婚式への招待。一旦落ち着く時期もありますが、そうかと思えば後輩や甥っ子の結婚式が第二次の荒波として押し寄せます(笑)

今日はそんな結婚式の「ご祝儀」に的を絞ってご紹介。大人のマナーとして正しい知識をまとめます。

[スポンサーリンク]




友人の結婚式の場合

・新郎新婦の年代が20代の場合
 → 2~3万円
・新郎新婦の年代が30代の場合
 → 3~5万円
・新郎新婦の年代が40代の場合
 → 5万円

最も多く、初めての結婚式が「友人の結婚式」という方も多いのでは?新郎新婦の年齢によっても多少前後しますがやはり3万円が相場と言えるでしょう。

奇数は割り切れない=縁が切れない、と言う事から3万か5万を包む事が理想ですが、あなたの年齢が20未満や社会人1年目の場合は2万円でも失礼にはあたりません。その場合は1万円札を1枚、5000円札を2枚とし奇数の枚数にして包みます。

最近は偶数の「2」の数字はペア(夫婦)として良いとされていますので、1万×2枚でも構いませんがコチラはご結婚される家の「大人の事情」に合わせた方が良さそうです。

兄弟の結婚式の場合

・あなたの年齢が20代前半の場合
 → 5万円

・あなたの年齢が20代後半の場合
 → 5〜10万円
・あなたの年齢が30代の場合
 → 10万円
・あなたの年齢が40代の場合
 → 10万円

兄弟の結婚式の場合、多くの場合は10万円を包みます。コレはあなたが弟や妹であってもです。収入面で10万円のご祝儀が難しい場合、あなたが20代前半の場合は5万円、あなたの年齢が20代後半の場合は最低でも5万円、7万円は包みましょう。

あなた自身が結婚する際にもコレは帰ってくる金額にもなりますので割りきって兄弟の門出を祝福してあげてくださいね。

会社の部下の場合

・あなたの年齢が20代前半の場合
 → 3万円
・あなたの年齢が20代後半の場合
 → 5万円
・あなたの年齢が30代前半の場合
 → 5万円
・あなたの年齢が30代後半の場合
 → 5〜10万円
・あなたの年齢が40〜50代の場合
 → 5万〜10万

嫌でもやって来るのが..会社の部下の結婚式です。多くの場合、あなたが直属の部署の上長と言う事になりますからある程度の金額は覚悟せざるおえません(笑)

金額は役職によっても異なりますが、分かりやすく年齢別でまとめました。

このあたりは新郎新婦との関係にも深く影響してきますので、あまり親しくなければ相場相当の金額を、今後も仕事上大きな関係を持つ場合は相場・それ以上の金額を包んだ方が良いでしょう。

会社の上司の場合

・あなたの年齢が20代の場合
 → 3〜5万円
・あなたの年齢が30代の場合
 → 5万円
・あなたの年齢が40〜50代の場合
 → 5万円〜10万円

上司の場合基本的には3万〜5万円ほどが相場です。あなたと新郎新婦の年齢が40代〜以降の場合はお互いに仕事も安定していますから場合によっては7万円、10万円を包む事もありますが、最近は景気悪化の流れもあってあまり高額な金額を包む人はいないようです。

会社の同僚の場合

・あなたの年齢が20代の場合
 → 3万円
・あなたの年齢が30代の場合
 → 3〜5万円
・あなたの年齢が40〜50代の場合
 → 3〜5万円

会社の同僚の場合上限は5万円ほど。少ないケースですがあなたと新郎新婦の両者年齢が40代以降の場合で、お互いの役職のある程度の場合は5万円〜以上のご祝儀の場合の可能性もありますが、このあたりはおなじ境遇の方と相談するのがベストでしょう。

甥・姪の場合

5万〜10万

私もまだ経験してませんが、甥・姪の結婚式の場合、あなたが60代〜になっている場合が多いです。昔から相場は10万と決まっているそうですが。。。近年の不景気も影響している為、甥・姪の両親と相談して決めたいところ。

いとこの場合

・あなたが20代の場合
 → 2万〜3万
・あなたが20代〜30代の場合
 → 3万〜5万
・あなたが40代〜の場合
 → 5万〜10万

いとこの場合兄弟に比べるとあまり深い関係ではない為、金額は控えめですが、あなたの年齢が40代以降〜の場合には「おなじ境遇の方」と相談し決めるのがベストだと思います。

以上、ご祝儀の相場をお送りしました。参考にしてください。

この記事が気に入ったら是非シェアをお願いします!!皆さんの応援が励みです。
Facebookでシェア
Twitterでシェア

[サポンサーリンク]

他の人はこんな記事も読んでいます