【Excel】パスワードの設定方法(Windows&Mac)

  • 投稿日: 2015年08月01日

【Excel】パスワードの設定方法

会社や企業勤めの方は、よく使う項目ですがExcelのファイルには機密情報が含まれている事が多々あり、パスワードを掛けることが義務付けられている場合が多いです。

簡単な操作なので是非覚えておきましょう。

[スポンサーリンク]




■ Excelにpasswordを設定する

エクセルにパスワードを掛けるには、保存時にオプションを指定してあげればOKです。

まず、Excelの左上にあるOfficeボタンから「名前をつけて保存」を選択し、ないかしらのExcelファイル形式を選択します↓↓

【Excel】パスワードの設定方法

次に現れた保存ウインドウから「ツール」を選択、続いて全般オプションを選択します↓↓

【Excel】パスワードの設定方法

passwordを設定して「OK」を押せば、無事パスワードが設定されます↓↓

【Excel】パスワードの設定方法

又、passwordに関してはアルファベットの大文字と小文字、数字、各種記号が使用可能です。ファイルの重要度によってパスワードの文字数を変更したり、乱数にするなどしてセキュリティの向上を図りましょう。

■ Mac版Excelの場合

Microsoft Office for Mac のエクセル場合は上部メニューのファイルから、名前を変えて保存、「オプション」を選択する事により、ファイルにパスワードをつけることが可能です↓↓

【Excel】パスワードの設定方法

以上、Excelのパスワードの設定方法でした、参考にしてくださいまし。

この記事が気に入ったら是非シェアをお願いします!!皆さんの応援が励みです。
Facebookでシェア
Twitterでシェア

[サポンサーリンク]

他の人はこんな記事も読んでいます