【豆知識】ローソンのロゴの由来、その昔ローソンは牛乳屋だった。

  • 投稿日: 2014年11月30日

【豆知識】ローソンのロゴの由来、その昔ローソンは牛乳屋だった。

知っていればどんな事だっていつかは役に立つ!今日はそんな雑学からローソンの歴史についてご紹介。

飲み会に合コンに「つい人に言いたくなる」雑学、それでは早速どうぞ。

[スポンサーリンク]




ローソンはかつて牛乳屋さんだった

【豆知識】ローソンのロゴの由来、その昔ローソンは牛乳屋だった。

かつてダイエーの100%出資ではじまった日本を代表するコンビニエンスストア「ローソン」ですが、その歴史は西暦1939年アメリカはオハイオ州までさかのぼります。

当時オハイオ州で牛乳屋を営んでいたJ.Jローソン氏は、その業績の向上によりローソンミルク社を立ち上げます、これが日本で大展開をしているコンビニエンスストア「ローソン」の始まりです。

当時から大人気だったJ.Jローソン氏の牛乳屋さんですが、顧客からの要望により次第に牛乳以外の製品も取り扱うように。

1959年、ローソンミルク社は米国食品業界大手のコンソリデーテッド・フーズ社の傘下となり、オハイオ州を中心に大規模展開する「コンビニエンスストア」として成長を遂げるのです。

その名残は現在のロゴにも残されており牛乳のマークがローソンのシンボルとなっています。

以上、本日の豆知識「ローソンのロゴの由来」をお送りしました。

この記事が気に入ったら是非シェアをお願いします!!皆さんの応援が励みです。
Facebookでシェア
Twitterでシェア

[サポンサーリンク]

他の人はこんな記事も読んでいます