【豆知識】紅白歌合戦の歴代司会者と総合司会達。

  • 投稿日: 2014年11月19日

紅白歌合戦

紅白歌合戦の歴代司会者をまとめました。最近芸能人やジャニーズの司会が目立ちますがこの風潮どうなんでしょうね。

いいたい事は山ほどありますが、ひとまず歴代司会をまとめました。リストは以下より。

[スポンサーリンク]




紅白の歴代司会者と総合司会達

西暦 赤組司会 白組司会 総合司会
2014年(第65回) 吉高由里子 有働由美子
2013年(第64回) 綾瀬はるか 有働由美子
2012年(第63回) 堀北真希 有働由美子
2011年(第62回) 井上真央 阿部渉
2010年(第61回) 松下奈緒 阿部渉
2009年(第60回) 仲間由紀恵 中居正広 阿部渉
2008年(第59回) 仲間由紀恵 中居正広 松本和也、小野文惠
2007年(第58回) 中居正広 笑福亭鶴瓶 松本和也、住吉美紀
2006年(第57回) 仲間由紀恵 中居正広 三宅民夫、黒崎めぐみ
2005年(第56回) 仲間由紀恵 山本耕史 みのもんた、山根基世
2004年(第55回) 小野文惠 阿部渉 堀尾正明
2003年(第54回) 有働由美子、膳場貴子 阿部渉、高山哲哉 武内陶子
2002年(第53回) 有働由美子 阿部渉 三宅民夫
2001年(第52回) 有働由美子 阿部渉 三宅民夫
2000年(第51回) 久保純子 和泉元彌 宮本隆治
1999年(第50回) 久保純子 中村勘九郎 宮本隆治
1998年(第49回) 久保純子 中居正広 宮本隆治
1997年(第48回) 和田アキ子 中居正広 宮本隆治
1996年(第47回) 松たか子 古舘伊知郎 宮本隆治、草野満代
1995年(第46回) 上沼恵美子 古舘伊知郎 宮本隆治、草野満代
1994年(第45回) 上沼恵美子 古舘伊知郎 宮川泰夫
1993年(第44回) 石田ひかり 堺正章 森田美由紀
1992年(第43回) 石田ひかり 堺正章 山川静夫
1991年(第42回) 浅野ゆう子 堺正章 山川静夫
1990年(第41回) 三田佳子 西田敏行 松平定知
1989年(第40回) 三田佳子 武田鉄矢 松平定知
1988年(第39回) 和田アキ子 加山雄三 杉浦圭子
1987年(第38回) 和田アキ子 加山雄三 吉川精一
1986年(第37回) 目加田頼子 千田正穂 吉川精一
1985年(第36回) 森昌子 鈴木健二 千田正穂
1984年(第35回) 森光子 鈴木健二 生方恵一
1983年(第34回) 黒柳徹子 鈴木健二 タモリ
1982年(第33回) 黒柳徹子 山川静夫 生方恵一
1981年(第32回) 黒柳徹子 山川静夫 生方恵一
1980年(第31回) 黒柳徹子 山川静夫 中江陽三
1979年(第30回) 水前寺清子 山川静夫 中江陽三
1978年(第29回) 森光子 山川静夫 相川浩
1977年(第28回) 佐良直美 山川静夫 相川浩
1976年(第27回) 佐良直美 山川静夫 相川浩
1975年(第26回) 佐良直美 山川静夫 相川浩
1974年(第25回) 佐良直美 山川静夫 土門正夫、中江陽三
1973年(第24回) 水前寺清子 宮田輝 山川静夫
1972年(第23回) 佐良直美 宮田輝 山川静夫
1971年(第22回) 水前寺清子 宮田輝 鈴木文弥
1970年(第21回) 美空ひばり 宮田輝 北出清五郎
1969年(第20回) 伊東ゆかり 坂本九 宮田輝
1968年(第19回) 水前寺清子 坂本九 宮田輝
1967年(第18回) 九重佑三子 宮田輝 石井鐘三郎
1969年(第17回) ペギー葉山 宮田輝 石井鐘三郎
1965年(第16回) 林美智子 宮田輝 石井鐘三郎
1964年(第15回) 江利チエミ 宮田輝 石井鐘三郎
1963年(第14回) 江利チエミ 宮田輝 石井鐘三郎
1962年(第13回) 森光子 宮田輝 石井鐘三郎
1961年(第12回) 中村メイコ 高橋圭三 穂坂俊明
1960年(第11回) 中村メイコ 高橋圭三 石井鐘三郎
1959年(第10回) 中村メイコ 高橋圭三 石井鐘三郎
1958年(第9回) 黒柳徹子 高橋圭三 石井鐘三郎
1957年(第8回) 水の江滝子 高橋圭三 石井鐘三郎
1956年(第7回) 宮田輝 高橋圭三 石井鐘三郎
1955年(第6回) 宮田輝 高橋圭三 石井鐘三郎
1954年(第5回) 福士夏江 高橋圭三 石井鐘三郎
1953年(第4回) 水の江滝子 高橋圭三 北出清五郎
1953年(第3回) 本田寿賀 宮田輝 志村正順
1952年(第2回) 丹下キヨ子 藤倉修一 田辺正晴
1951年(第1回) 加藤道子 藤倉修一 田辺正晴

尚、第3回までは毎年1月3日に開催がされており、第4回から大晦日12月31日に開催がされる事になった。その為1953年は2回開催がされている。

中村勘九郎さんや、鶴瓶さんは勿論抜群の進行、好き嫌いはあるかもだけど古舘さんってやっぱり上手かったし。。金銭トラブルで最近はTVじゃ見なくなった狂言の和泉元彌さんも、これぞ伝統芸能出身の回し方といわんばかりの独特の進行が好きだったなぁ。嫌いじゃないけどジャニーズや芸能人とはやっぱり格が違うと思うわけです。

にしてもやっぱりNHKのアナウンサーは抜群な安定感と安心感を与えてくれますね。今年の有働さんの総合司会も楽しみです。

この記事が気に入ったら是非シェアをお願いします!!皆さんの応援が励みです。
Facebookでシェア
Twitterでシェア

[サポンサーリンク]

他の人はこんな記事も読んでいます