【医療】熱中症になってしまった時の応急処置。

  • 投稿日: 2015年07月20日

【対処法】熱中症になってしまった時の応急処置。

毎年気をつけていてもなってしまう熱中症。特に近年は異常気象が多いので気をつけたいところ。

備えあれば憂いなし!今日は身近に起こる症状の中から熱中症についてお話します!

[スポンサーリンク]




■ 室内でも熱中症になる可能性もある

【対処法】熱中症になってしまった時の応急処置。

熱中症が起こるのは、外出中の時だけではありません。

エアコンは体に悪いから‥
節電中なので…

そんな理由と水分の摂取不足が重なって、毎年死者が出てしまうほど、熱中症は恐ろしい症状です。特に一人暮らしの高齢者の方に多いケースだそう。

自宅にいる場合は換気(窓の開放)、扇風機、冷房の使用などを行ない、室内の温度に注意が必要です。

■ 熱中症になってしまったら

【対処法】熱中症になってしまった時の応急処置。

頭が痛い。。めまいがする。。

気をつけていても、熱中症になってしまったら早めの対策と休養が必要です。以下に具体的な対処法を記載します。

① 日陰、涼しい場合に避難する
② 水分補給する(ポカリスエット等のイオン飲料が有効)
③ 体を冷やす
④ 治らない場合は病院へ

また体を冷やす場合は、濡れタオルなどを首の後ろ、脇の下、足のつけ根のあたりにあてると、血液が冷やされ全身の熱が下がります。※ 氷などで急激に冷やすのは危険ですので冷たい濡れタオルがオススメです。

■ 緊急性を伴う熱中症とは

【対処法】熱中症になってしまった時の応急処置。

熱痙攣を起こしたり、激しい嘔吐をしてしまっている幼児や高齢者の場合は緊急性を伴う場合がありますので病院に搬送し一刻も早い治療が必要です。

熱中症だからそのうち治る。と過信せずに早急な対応を行なってください。

■ おわりに

これから多くなる夏のレジャー。熱中症も7月〜9月が最も多い季節になります。

応急処置を知っておくことも重要ですが、熱中症にならないように、帽子、日傘、水分補給などに注意して事前準備をしっかりおこなってくださいね。

楽しくて思いでに残る夏にする為には一人一人の心構えが必要です!

この記事が気に入ったら是非シェアをお願いします!!皆さんの応援が励みです。
Facebookでシェア
Twitterでシェア

[サポンサーリンク]

他の人はこんな記事も読んでいます