iphoneの電源が入らない場合の対処法。

  • 投稿日: 2016年05月08日

iphoneの電源が入らない場合の対処法。

何もしてないのに急にiphoneの電源が入らなくなった、、こんな事に直面した事は、皆さんもきっと過去に1度くらいはあったのではないでしょうか?

連絡手段が携帯電話に集約している近年、電源が入らないと困ってしまいますので、急な自体に備え対処法を覚えて起きましょう。

[スポンサーリンク]




■ 1: 強制再起動を行う。

iphoneの電源が入らない場合の対処法。

多くの場合この方法(強制再起動)で解決します。

やり方はホームボタンを押しながら、スリープボタン(電源ボタン)を長押しします。

電源は入っているけれど、固まって動かなくなってしまった場合にも使えますので覚えておきましょう。

■ 2: 少し休ませる(本体が高温になっている場合)

iphoneの電源が入らない場合の対処法。

充電しながらゲームをしたり動画を見ていたりすると、iphoneの裏側(バッテリー部分)がかなり高温になっている場合はありませんか?

夏の日差しの強い日に、iphoneを外に出していたり、車のフロントガラス近辺に置いていても同じ減少が起こります。

このように、車で言うオーバーヒートと同じで、iphone高温になると電源が入らなくなる事があるようですので、使用を中止し10分〜20分程度休ませ、本体が冷えた状態で改めて電源を入れなおしてみましょう。

■ 3: 充電をし直す

iphoneの電源が入らない場合の対処法。

完全に放電してしまったりすると、充電器につなげてもしばらくは電源が入りません。

断線(故障)していないケーブルで30分以上充電してみましょう。激安のケーブルでは粗悪品もありますので純正品か認可されたケーブルの使用を!!

■ 4: PCに接続しリカバリーを行う

iphoneの電源が入らない場合の対処法。

「1〜3」を行っても改善されない場合、iTunes経由で復元することができます(PCに接続する環境が必要です)

詳しい操作方法については コチラ のアップル公式ページを参考にしてください。

PCをお持ちでない方は、Apple Store でサポートを受ける事ができます。

■ 5: Appleサポートに持ち込む

iphoneの電源が入らない場合の対処法。

何をしてもお手上げ状態。。。「1〜4」を行っても改善されない場合は故障の可能性があります。

Apple公式サポート より申し込みを行ない修理依頼を行ないましょう。

尚、脱獄や不正な改造を行って故障した場合には修理を受け付けてもらえなくなる可能性がありますの注意をしてください。

この記事が気に入ったら是非シェアをお願いします!!皆さんの応援が励みです。
Facebookでシェア
Twitterでシェア

[サポンサーリンク]

他の人はこんな記事も読んでいます