小学生高学年以上になったら読ませたい、考えさせられる一枚の広告。

  • 投稿日: 2015年11月23日

小学生高学年以上になったら読ませたい絵本。

ぼくのお父さんは桃太郎というやつにころされました。

2013年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」で最優秀作品賞を受賞したこの作品は。博報堂に務める山﨑博司さんと小畑茜さんが作った作品だ。

[スポンサーリンク]




ある人にとってしあわせと感じることでも、別の人からみればそう思えないことがある

絵本 桃太郎

桃太郎は鬼ヶ島で鬼を退治した。めでたしめでたし。いや、果たして本当にそうなのだろうか。

ぼくのお父さんは桃太郎というやつにころされました。

父親をころされ悲しそうにたたずむその少年。この作品をみて、そのハッピーエンドの裏に潜む悲しみがハッと心に突き刺さった人は多いだろう。

子どもだけではなく、大人にもぜひ見て欲しい作品です。

出典:2013年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」

この記事が気に入ったら是非シェアをお願いします!!皆さんの応援が励みです。
Facebookでシェア
Twitterでシェア

[サポンサーリンク]

他の人はこんな記事も読んでいます